九州かるた協会

こちらは福岡県の競技かるた公式サイトです

これから始めたい方へ

福岡県内のかるた会

九州かるた協会としては、原則、練習会を開催していません。当会所属選手の多くは、以下のかるた会のいずれかにて練習を行っています。

なお、練習会への参加希望の場合、それぞれのかるた会に直接連絡いただいても構いませんが、昨今のかるたブームで、受け入れを制限しているかるた会があることをご承知おきください。

一般会
大学
高校

★平成29年 高文連調査にて部活動有りと回答した高校

  • 福岡高校(福岡市東区)
  • 香椎高校(福岡市東区)
  • 九州産業大学付属九州高校(福岡市東区)
  • 福岡中央高校(福岡市中央区)
  • 筑紫女学園高校(福岡市中央区)
  • 福岡大学附属大濠高校(福岡市中央区)
  • 福岡雙葉高校(福岡市中央区)
  • 筑紫丘高校(福岡市南区)
  • 福岡第一高校(福岡市南区)
  • 城南高校(福岡市城南区)
  • 中村学園女子高校(福岡市城南区)
  • 福岡女子高校(福岡市西区)
  • 須恵高校(糟屋郡須恵町)
  • 朝倉高校(朝倉市)
  • 久留米筑水高校(久留米市)
  • 三潴高校(久留米市)
  • 久留米大学附設高校(久留米市)
  • 久留米信愛女学院高校(久留米市)
  • 明光学園高校(大牟田市)

★部活動はないが、平成28、29年の高文連主催大会に生徒の参加があった高校

  • 北九州高校(北九州市小倉南区)
  • 折尾高校(北九州市八幡西区)
  • 若松商業高校(北九州市若松区)
  • 福岡海星女子高校(福岡市南区)
  • 修猷館高校(福岡市早良区)
  • 糸島高校(糸島市)
  • 福岡常葉高校(筑紫野市)
  • 明善高校(久留米市)
中学校
  • 筑紫女学園中学校(福岡市中央区)
  • 久留米信愛女学院中学校(久留米市)
  • 明光学園中学校(大牟田市)
  • ◆( )内は所在地、もしくは主な練習場所。URLはそれぞれのかるた会が独自に作成したものです。
  • ◆ ♥印のかるた会は、シニア層(60歳以上)の方が中心のかるた会です。
  • ◆掲載しているかるた会は、現在、当会が連絡先を把握している福岡県内のかるた会です。ここに掲載なく、当会との連携を希望されるかるた会がありましたら、『お問い合わせ』から連絡ください。

まずは百枚を覚えましょう

 競技かるたを行うためには、まずは小倉百人一首の百首全てを覚えておくことが必要です。
 競技かるたに興味を持ち、是非、かるた会で練習したいとお考えの皆さんは、まずは小倉百人一首100枚を全て覚えておいてください(小中高大学のクラブ活動として行う場合は、そのクラブ活動の方針に従ってください)。

 全て覚えるとは、以下の全てをクリアした状態を指します。

  • ①下の句の札を見て、上の句が言える(上の句全部でなくても、決まり字まででもOK!)
  • ②100枚全ての下の句を続けて見て、上の句を続けて言っていくことが、120秒(2分)以内で100枚言える。
  • ③100枚の上の句(決まり字まで)を何も見ずに全て暗唱できる。
  • ④上の句100枚の暗唱を60秒(1分)以内で言える。
  • ⑤競技かるたの基本的ルールを理解している。

なお、この①~⑤については、それぞれ以下の方法で行うこともお勧めします。

①九州大学百人一首愛好会のホームページ上の「よくある質問」コーナーで「覚え方のノウハウ」として推奨している「札暗記法~プロフェッショナル~ver2.00.pdf」を利用するのも一つの方法です。

②100枚全てを覚えたと思ったら、100枚続けることをやってみてください。このとき、すぐに上の句が言えない札があったら外して、どんどん言っていきます。すぐに言えなかった札を再度覚え直して、何度も繰り返し、2分以内、さらに1分以内を目指しましょう!

③100枚の札の暗唱は、以下の2段階に分けて覚えます。

  • 1) 上の句の1字目を、同じ文字で始まる札が多い順に呪文のように何度も言って覚える。
    「あなおわたこ、み、はやよか、いちひき、うつしもゆ、むすめふさほせ」
  • 2) 上の句の1字目ごとに、以下のようにして覚える。

1文字目 覚え方

(16枚)
2字目を「はらきまり、しけひさ」と覚える。
その順番に決まり字まで言うと、以下のようになります。
「あはれ」「あはじ」「あらし」「あらざ」「あきの」「あきか」 「あまつ」「あまの」「ありま」「ありあ」
「あし」「あけ」「あひ」「あさじ」「あさぼらけあ」「あさぼらけう」

(8枚)
2字目を「にし、には、つげが」と覚える。
「なにし」「なにはえ」「なにはが」
「なつ」「なげき」「なげけ」「ながか」「ながら」

(7枚)
2字目を「おお、くもとぐ」と覚える。
「おおえ」「おおけ」「おおこ」「おく」「おも」「おと」「おぐ」

(7枚)
2字目を「がすびた」と覚える。
「わがい」「わがそ」「わすれ」「わすら」
「わび」「わたのはらや」「わたのはらこ」

(6枚)
2字目を「かちごまきれ」と覚える。
「たか」「たち」「たご」「たま」「たき」「たれ」

(6枚)
2字目を「この、ひれ、こぬ」と覚える。
「こころあ」「こころに」「この」「こひ」「これ」「こぬ」

(5枚)
「みち」「みせ」「みよ」「みかき」「みかの」
4枚札
はやよか
「はなの」「はなさ」「はるす」「はるの」
「やす」「やえ」「やまざ」「やまが」
「よを」「よも」「よのなかよ」「よのなかは」
「かさ」「かく」「かぜそ」「かぜを」
3枚札
いちひき
「いに」「いまこ」「いまは」
「ちは」「ちぎりき」「ちぎりを」
「ひさ」「ひとも」「ひとは」
「きり」「きみがためは」「きみがためを」
2枚札
うつしもゆ
「うか」「うら」
「つく」「つき」
「しら」「しの」
「もも」「もろ」
「ゆう」「ゆら」
1枚札 「む」「す」「め」「ふ」「さ」「ほ」「せ」

④下の句を見て上の句を言えることが大切なので、先に①、②を書いていますが、実は、③、④を先にクリアした方が、①、②は楽に覚えることができるかもしれません。

⑤全日本かるた協会のホームページにある「How To Play かるた」、ならびに「競技関係規程」の中にある「競技規程」は必ず覚えてください。
 また、大会に参加するまでには、難しくて分からない部分があるかもしれませんが、同じく「競技関係規程」の中にある「競技規程細則」「競技会規程」にも目を通しておいてください。

ページ トップへ もどる